精神疾患にかかる障害年金申請手続きを社労士に依頼するメリットとは

 

あなたが本気で障害年金を受給しようと考えているのであれば、

とても大切なことが書かれていますので、一言も読み飛ばさないようにしてください。

 

精神疾患にかかる障害年金受給のポイントで前述したように診断書裏面の「日常生活能力の判定」及び「日常生活能力の程度」で障害年金の支給・不支給、支給の場合は等級が、あくまで目安とはいえ、ほぼ決まることになります。

障害年金申請手続きにおける社会保険労務士の役割は、とりわけ、「日常生活能力の判定」の評価を医師に働きかけて診断書を上げることに尽きると私は考えています。もっとも、事実をねじ曲げるという趣旨ではなく、短い診察時間内では、本人の状態を正確かつ詳細に把握することは困難であるので、そのため医師は、本来の精神疾患状態より軽い状態で判断することがあるからです。つまり、医師に、より正確な本人の状態を伝えるために、第三者たる社会保険労務士が患者本人、親や配偶者、交際相手、友人からヒヤリングをおこない、その結果を書面にまとめて医師に渡し、口頭でも要旨を訴えます。つまり、医師が把握しきれていない患者の日常生活能力に関して、ポイントを押さえた書面を医師に参考にしてもらい正確な評価を診断書に反映してもらうようお願いするとの趣旨です。

また、第三者たる社会保険労務士が間に入ることによって、患者本人が訴えるよりも、医師に、患者の状態の再考を促す効果も十分期待できると言えるでしょう。

患者本人等にヒヤリングをおこない「日常生活能力の判定」のポイントを押さえた書面の作成や医師への働きかけは障害年金の専門家である社会保険労務士が最適であると言っていいでしょう。

そして、その書面によって診断書の評価が上がれば、自分で申請をおこなっていれば不支給になっていたものが受給できたといった効果も十分期待できると言えるでしょう。

 

「日常生活能力の判定」の7項目のポイントを以下に例示します。

なお、「日常生活能力の判定」の判断は、患者が単身で生活するとしたら可能かどうかで判断されます。

 

(1)適切な食事:単身で生活するとしたら、配膳など準備も含めて適当量をバランスよく摂ることがほぼできるか

(例)食事は共働きの母親が用意します。昼夜が逆転していて、一日3食を食べることはほとんどありません。おなかが減れば冷蔵庫の中にあるものを自室のPC前で食べます。また、食器を洗うことはありません。流しに置いておくだけです。

⇒主治医に「助言や指導をしてもできない。もしくはおこなわない。」を依頼します。

(2)身辺の清潔保持:単身で生活するとしたら、洗面、洗髪、入浴等の身体の衛生保持や着替え等ができる。また、自室の清掃や片付けができるなど。

(例)洗面は全くしません。お風呂に入るのは非常にハードルが高いです。お風呂に入りたい時でもなかなかお風呂に入ることができません。そのため枕カバーはフケだらけです。部屋の掃除は全くしません、そのため部屋はごみ屋敷状態です。ゴミ出しも非常にハードルが高いです、なので部屋はゴミの入ったゴミ袋が散乱しています。(写真参照)※写真を添付すると説得力が増します。

⇒主治医に「助言や指導をしてもできない。もしくはおこなわない。」を依頼します。

(3)金銭管理と買い物:単身で生活するとしたら、金銭を独力で適切に管理し、やりくりがほぼできる。また、一人で買い物が可能であり、計画的な買い物がほぼできるなど。

(例)5年程前、信用のある時に作ったサラ金やクレジットカードのキャッシングをしてパチンコで100万円の借金を作ってしまい、親に打ち明けて肩代わりしてもらいました。しかし、3年程前、行ってはいけないと頭では思っていても、どうしても、パチンコがやめられず、また借金を作ってしまい、親に肩代わりをしてもらいました。現在は、一日、1000円づつ親から小遣いをもらっています。私に金銭管理はできないと思います。

⇒主治医に「助言や指導をしてもできない。もしくはおこなわない。」を依頼します。

(4)通院と服薬;単身で生活するとしたら、規則的に通院や服薬を行い、病状等を主治医に伝えることができるなど。

(例)通院は、昼夜が逆転していて、朝起きられず、また髭剃りや身支度も億劫なので、親に起こしてもらい、せかされて身支度をします。クリニックには親と一緒に行き、親が前回の通院以降のことをドクターに話します。

服薬は、以前何度も大量服薬したことがあるので、お薬は親が管理しています。

⇒主治医に「助言や指導をしてもできない。もしくはおこなわない。」を依頼します。

(5)他人との意思伝達及び対人関係:人の手助けを介さずに、他人の話しを聞く、自分の意思を相手に伝える、集団的行動が行えるなど。

(例)子供の頃から人前で話すことができず、今もできません。大学時代、語学の授業であてられて音読・訳をさせられるのが極度の緊張を感じ声も上ずり苦痛でしょうがありませんでした。また大学時代、友人は一人もいませんでした、今もそうです。毎日、終日、部屋ですごし、色々聞かれるので親とでさえ一緒に食事をすることは全くありません。

⇒主治医に「助言や指導をしてもできない。もしくはおこなわない。」を依頼します。

(6)身辺の安全保持及び危機対応;誰の手伝いもなく一人で、事故等の危険から身を守る能力がある、通常と異なる事態となった時に他人に援助を求めるなどを含めて、適正に対応することができるなど。

(例)何年か前、病院の待合室でメールを作成していたら、突然、男に後ろから「こんなとこで電話するなや」と言われ肩で肩を押されたので、「お前、暴行の現行犯だ、110番する!」と叫び、看護師らが間に入り止めるなか、「いや、110番する」などと叫び散らし、騒然とする中、結局、110番したことがあります。また、似たようなトラブルを数回経験しています。

⇒主治医に「助言や指導をしてもできない。もしくはおこなわない。」を依頼します。

(7)社会性:銀行での金銭の出し入れや公共施設等の利用が一人で可能。また、社会生活に必要な手続きが行えるなど。

(例)銀行は、携帯代などが引き落とされなかったら大変なことになるので、行くにはいきますが、外出を伴うので、お風呂に入らなければならないし、髭も剃らなければならないし、整髪もしなければならないので、前日からものすごいプレッシャーを感じます。

⇒主治医に「助言や指導があればできる。」を依頼します。