報酬額表~金額に関してもご遠慮なくご相談ください。

下記にないメニューもお気軽にご相談ください。

下記報酬額は税別です。

 

 

報酬額

障害年金申請代理業務

着手金 円 

成功報酬 実際に障害年金が受給できた場合に、

   年金額の2か月分

   初回振込み額の10%

上記①②のうち多い方。

   実費費用 裁定請求書が年金事務所に受理された後、実費費用(郵送料、交通費、住民票、戸籍謄本請求費等)をご請求致します。

本人申請サポート業務

報酬額 30,000

サービス内容:電話とメールによる指導及び助言です。もっとも指導・助言の中には、医師に診断書を正確に書いてもらうノウハウや「病歴・就労状況申立書」の書き方等に関する添削・教示も含まれますからご自分で書面を作成できる方には非常にお得なサービスです。

 

※備考:

社労士は、患者様の正確な病状を伝えるための医師への「ヒヤリング報告書」や「病歴・就労状況等申立書」を作成致しません。ご本人またはご家族の方が自ら、最初から最後まで動いていただいて、障害年金の申請書等を作成されるご意向の方向けのサービスです。

 

その他のサービス

 

厚生年金の被保険者資格確認請求

報酬額 30,000

(初診日に、)会社は社会保険(厚生年金 健康保険)の加入手続きを行っていないけど、法律上、請求人は厚生年金の被保険者である(あった)との確認を厚生労働大臣に求める手続きです。最高2年遡及できます。

この手続きによって、初診日に国民年金納付要件を満たさない場合が満たす場合に変化したり、障害基礎年金から障害厚生年金の申請に切り替えることができる場合があります。